生命保険の見直しへ > 保険の見直し転換

保険の見直し転換

例えば、現在加入している養老保険を、新たな終身保険に加入し直したい場合、現在加入している保険を下取りしてもらい、新たに保険に加入し直す保険の転換を行うことができます。

転換の利点は、新しい保険に加入するために通常必要になる頭金を、転換前の保険の下取り金で賄うことができるため、解約して新規加入するよりも保険料の負担は軽減できます

転換する際の注意

現在加入している保険を下取りし、新しい保険に加入する転換は、
保険加入時の費用負担は少なくなるものの転換時の年齢で保険料が再計算されるため、年齢が高くなった分、実質的な保険料は高くなります。


また、現保険が、予定利率の高かった時期に加入したものである場合、予定利率が低い時に転換すると利回りが低くなってしまい保険料が高くなります。

特に現在は予定利率が低い傾向にあるため、過去に加入した保険の方が予定利率が高く、不利な場合が多くあります。

保険の見直しに転換を選ぶ際には、メリット・デメリットがあることを理解して、損をしないようにしましょう。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。