生命保険の見直しへ > 保障額の増額・減額を考える

保障額の増額・減額を考える

加入している生命保険を見直した結果、掛け金が高い場合には、
保障額を減らすことで掛け金を減額することができます。

これを保険の減額と呼び、終身保険などの貯蓄性のある保険を減額した場合は、
減額の割合に応じて解約返戻金を受け取ることもできます。

保障額は高いほど安心の度合いは大きいものですが、
生活に余裕がなくては、人生は楽しめません。
保険を見直す際には、自身の収入や生活スタイルを考え、
負担のない保険料を支払うのが大切です。

保障が足りない場合は?


反対に、支払う保険料に余裕があり、
保障額が少ないと感じる場合には、保険の増額をおこなうこともできます。

保障の大きな保険に新規に加入するよりも、増額を選んだほうが費用の負担も小さくて済みますが、

増額には契約年数など各保険会社によって規定があるため、窓口に訪ねてみる事をお勧めします。

 

人気の 生命保険 無料相談一覧

生命保険選びや見直しはプロに任せましょう!
中立な立場で、複数社の生命保険からあなたにぴったりの保険を
ご提案してくれる無料の保険相談をご体験下さい。